バイシクルドットコム>ロードバイクトップ

2018年モデル ロードバイク(ロードレーサー)

SALEイメージ



完成車価格帯別
15万円以下の完成車
15-20万円の完成車
20-30万円の完成車
30-40万円の完成車
40-50万円の完成車
50-60万円の完成車
60万円以上の完成車

フレーム組みの場合の金額目安

New シマノ 
New カンパニョーロ
New スラム
New フレーム適合表
旧モデル ウルトラビックリ特価 在庫分が大特価 !
特集:クロモリロードバイク
特集:ロードバイク & ロードレーサーの選び方
特集:Pioneerペダリングモニターのすゝめ

当店在庫分の ロードバイク完成車 / フレームセット 在庫分が更に大特価中 !

当店の組立工程はこちら ! 丁寧に組立てます ! 完成車編 / フレーム編



特集:ロードバイク&ロードレーサーの選び方

ロードレーサー&ロードバイクに興味は?

ドロップハンドルに細いタイヤが付いた自転車は昔からひとまとめで「ロードレーサー(roadracer)」と呼ばれていましたが、誰もがレースに出る訳でもないので最近は「ロードバイク(roadbike)」とも呼びます。
ツール.ド.フランスを見て感化されたり、学生時代のツーリングを思い出して再び乗りだしたり、運動にマウンテンバイクを乗っていて圧倒的なスピード差でロードレーサーにブチ抜かれたから悔しい、等々とロードレーサーに対しての興味の持ち方は様々ですが、何と言っても自転車の中で一番スピードが出ます。
時速30〜40kmぐらいで走り続ける事も可能ですし、1日で走れる距離が100km〜200kmぐらい走り続ける事も可能になってきます。鈴鹿ロード等のレースに参加したり、なまった体を鍛える為に休日トレーニングしたりと目的は色々ありますし、最近多いのはマウンテンバイクがあっても実際走る場所が手近にないのでロードレーサーに乗れる方が増えているようです。

ロードレーサーの選び方なのですが、将来的なものも含めた使用目的とデザイン、ブランドイメージそして予算が関係します。まず使用目的と予算が関係するコンポーネンツ(変速機やブレーキ)の事なのですがこのコンポと車体のフレームのグレードと価格で自転車の値段はほぼ決まってしまいます。コンポの世界で2台ブランドが日本のシマノとイタリアのカンパニョーロでシマノのコンポのグレードは上からデュラエース、アルテグラ、105、ティアグラ、ソラと5種類あります。

このグレードの順番で価格がデュラエース=高級、105=普通、ソラ=普及品となるわけです。高級になっていくとどうなるか?まず軽量になり、何100g軽くなっていきます。
変速機はリニアに「バシバシ」変速していきますし、ブレーキは「メチャ」効きます。あと仕上げ、輝き方が高級になり、もちろんパーツの耐久性も向上していきます。

デュラエース、アルテグラがレース志向、軽さにこだわる、とするなら105、レース初級、ツーリング向き、ソラはシティーライドと言う感じですかね。ソラ以外は9段変速になっていますから将来的にパーツのグレードアップを考えている方は互換性の事もあるのでティアグラ以上のものがお勧めです。

ロ−ドレ−サ−(ROAD RACER)街乗りのすすめ

スポーツバイクの中でも特に歴史の長いロードレーサー。乗ってる方はもちろんご存知でしょうが、乗った事のない方は「一体これでどこを走るんや?」と疑問を持ってる事でしょう。

その名のとうりロードレーサーは競技用です。発祥はヨーロッパです。ヨーロッパで頂点にはツールドフランスと言う1ヶ月にも及ぶ過酷なレースがありますが、この話はまた別の機会にお話しましょう........

競争を目的とはしてますが、通勤、通学、休日のサイクリングなどにも最適です。
とにかく舗装された道で一番速くラクに走れるのがロードレーサーの特徴です。

始めてロードレーサーに乗った人は誰もが驚きの声を上げるでしょう。
「こんなに簡単にスピードの出せる自転車があったんかぁ!!」と。同じ人が軽いクロスバイクと乗って比べた場合は「絶対に」ロードレーサーの方が軽く早く走る事が出来ます。
最近はフレームやパーツの軽量化が進み普通に買える値段で8Kg代のものが手に入るようになりました。と、共にフレームもクロモリ(鉄)からアルミが主流になり従来の華奢なルックスから太いダウンチューブ(下のメーカーロゴとかが書いてあるパイプ)等の採用によりルックス的にはより力強くなり、しかも走るのは軽い!!しかも依然なら考えられないような自転車が普通に買える値段で売ってるという幸せな時代になってしまいました。

ドロップハンドルに抵抗のある方が多いようですが、慣れれば一番ラクに走れる形ではないかと思えるハズです。よくおじさんが古いランドナーのドロップハンドルの下を持って物凄い前傾姿勢なのにもかかわらず傘をさして乗っている光景はたまに見られますが「そんな使い方はしません!!」誤解なきように。しかも変速レバーはブレーキレバーと一体化しているのでハンドルから全く手を離さなくても変速出来ますので安全性に関してもひと昔前のイメージだけで一部の選ばれた人のものだけではないと御理解下さい。

ちなみにロードレーサー(road racer)を通勤用に使う場合は700-28cにすると普通車並に歩道を行ったり来たり出来ます。が、漕いだ重さはクロスバイクなみになりますが、クロスバイクよりは軽く速く走る事が出来ます。僕は現在通勤でロードレーサーに700-28cのタイヤで走っていますが、快適です。が、また25cあたりに戻そうかなぁ.......なんて思ってます。理由は「もうちょこっとラクしたいから」です。僕のロードの使い方は「速く走る」のではなくてチンタラチンタラとラクに走るためにロードを使っています。これもまたロードレーサー(Road Racer)の使い方......

フレームのご購入をお考えの方

ロードレーサーのフレームから完成車を組む場合の金額目安
シマノ カンパニョーロ

ロードレーサーのホイール他パーツはこちら

サイクルウエアー類(ジャージ、パンツ、ヘルメット、シューズ等)はこちら

メール、お問い合わせはこちらまで

ご注文、ご質問に便利な注文フォームをご用意しました。

当店の組立工程/完成車編フレーム編

バイシクルドットコムトップへ

Topに戻る/超特価コーナー/インターネット通信販売/店鋪案内/バイシクルドットコムBBS/訪問販売法に基づく表記/